ゴルフの難しさと100という壁について

一般的にゴルフは上達するのが難しいスポーツだと思われています。

野球やテニスなどと違って地面に止まっているボールを打つ事になるのですが、多くの人がゴルフの難しさを痛感します。ゴルフには、100の壁という言葉もあります。初心者が100を切るスコアを出すのは非常に難しいということを表した言葉で、100というスコアは、パー72として、28打を余計に打っても達成できるものです。各ホールボギーで上がったとして90ですから、10ホールでダブルボギー、残り8ホールをボギーで上がれば、100の壁は破ることができます。100を切るのは簡単そうですが、ショットが大きくスライスしたり、ダフったり、トップしたりなどのショットが出たりすれば、実は難しいものです。

短期間に正確無比なショットを身につけ、正確性重視のクラブセッティングをし、またメンタル面でもリラックスして安定した心理状態からショットを打てば、簡単に上達できるといえます。