ゴルフ初心者のコース選びについて

ゴルフ場の難易度は、それぞれに定められたコースレートハンディキャップ0のスクラッチプレーヤーが、どのくらいのスコアで回れるかという目安の指数が、ひとつの指標になります。

実際のコースは、自然の地形を活かした作りになっているので、当然のことながらスタンスの目印になる線もなければ、つま先上がりやつま先下がり、左足上がり、左足下がりなど、いろんなライに対応して打つ状況におかれます。コースデビューの初心者には、フェアウェイが広くフラットであることや池や谷越えのショットが少ないこと、あごの高いバンカーが少ないことフェアウェイより一段高く盛り上がったグリーンが少ないこと、距離が短いことも見逃せない条件といえそうです。OBを気にして萎縮してしまったり、バンカーや池、林などがあると、視覚的にもプレッシャーを感じて、のびのびしたプレーができにくくなってしまいます。

技術的な面でフォローできない状況が重なると、辛いデビューになるだけなので、大げさに言えば、転がすだけでボールがグリーンに乗るできるだけ少ない打数でホールアウトできるような、やさしいコースを選ぶこともオススメです。