ゴルフのドライバー飛距離の基準について

ドライバー飛距離が飛んでるか飛んでないということは何を基準として判断しているかというと人それぞれで考えている基準に大きな違いが存在しているものと思います。

飛ぶか飛ばないという要素は、案外一緒にプレーしているメンバー間での相対的な印象によって、決まっています。飛ぶや飛ばないという要素に対して、プレーしているメンバー同士での相対的な印象で捉えていては、いつまでも自分の本当の実力がわからないばかりか、悪影響が身に付いてしまうことにもなります。ドライバー飛距離の基準を絶対値として理解しておくことが大切なのです。

最大飛距離というものは、個々の身体特性によって、そのポテンシャルは異なるものではありますが、一般的な男子アマチュアゴルファーであれば、まずは220Yから230Yの飛距離が安定的に出せることをひとつの飛距離目標とするのが適切な基準となるものと考えられるのです。ゴルフ場によっては、フェアウェーに方向の目安となる黄色い旗が立てられているところが多くなっていますが、この目安旗が250Yの距離位置で設定されていることが多かったのですが、近年では230Yの距離設定が大半を占めるようになっています。

黄色い旗を目安にするのも良いと言えます。

先日も同伴競技者が飛ぶようになってて、そのクラブでまた、挑戦してみたい

テーラーメイド M2