ゴルフのコースについて

ゴルフのコースは多くは18ホールからなっており、すべてをプレーする事で1ラウンドのプレーが終了します。

それぞれのホールには規定打数が設定されていてプレー中は毎ホールのスカを記入して18ホール終了後に1ラウンドのトータルスコアを計算する事になります。

スタンダードなコースは、ショートホールが4ホールで、ロングホールが4つで残りの10ホールがミドルホールの18ホールでパー72というコースです。

ショートコースが多くロングコースが少ない場合もあり、コースによって差があります。

コースをプレーした時にトータルスコアは、プレーヤーの出来、不出来によりますが、コースのコンディションによっても大きく変化します。

コースの難易度にも影響されていて、コースの難易度を示すものが、コースレートと呼ばれています。

コースを回るにあたり、気象条件やラフの深さ、グリーンの硬さや速さなどが影響するのでコンディションを意識しながらゴルフを楽しむ事が良いです。