ゴルフのヤード杭について

コースでプレイしている時に、自分の球の残りの距離を把握するのに便利なヤード杭ですが、ゴルフ場によっては杭ではなく植木で代用している所もあります。

ヤード杭は一般的にプレーの邪魔にならない様に、フェアウェイより外側のラフの端あたりに設置されていて残り100ヤード、150ヤードと表示されています。コースによってはもっと細かく分類されている事もあります。ヤード杭を利用する事の注意点としては、ヤード杭はフェアウェイにあるボールに対して残り距離を計算しやすい様に考えられている事を理解した上で自分のボールの残距離を計算しなければいけないという事です。

距離が自身で測れるようになると、アプローチの距離感も良くなり、ピンに絡んでくるようになります。レッスンを受けたり練習場でスイングを繰り返し練習などしなくても確実にゴルフのレベルアップが図ることが出来ます。

ゴルフのコースに出たら目安として、ヤード杭を利用して距離感を感じる事が肝要です。