ゴルフにおける初心者と中級者の指標

ゴルフを行う上で段階的な技術レベルがあり、初心者から中級者、上級者の3つに分類ができます。初心者から中級者になる事を示す指標として、パッティングの打ち方でも判断ができます。アマチュアラインに外すという言葉があり、スライスラインをパットした時にカップの右側に外してしまう事を言いますが、カップに触れる程度な感じであれば特に問題はなく、スライスラインを打つ時はカップの右側に大きく外れる事が多い時には、初心者レベルと判断されます。
パッティングにおけるカップの左側に外れる事が多くなった時に中級者と考える事が出来ます。スライスラインを適切にパットするには、アトラスの向きを整える技術やクラブを正しい軌道で振る技術、パッドフェイスを正しい方向に合わせる技術などが必須となります。初心者レベルだとアドレスが右向きになりやすくスイング軌道がアウトサイドインになる事が多いのが特徴です。

スライスラインに対して正しい方向に打つ事が出来るようになった時に中級者レベルと言えるようになります。