ゴルフのスルーザグリーンについて

ゴルフの障害物やハザードなどのトラブル処理というのはなかなか覚えられないものですし、覚えていたとしてもラウンドすると間違いやすいものです。

動かせられない障害物として舗装してあるカート道やスプリンクラー、コースを仕切る金網や柵等、立木を支えている支柱で、その中や上にボールがある場合や、スイングやスタンスを取れない場合には罰なしでの救済を受けることが出来ます。ニヤレストポイントを決める事とニヤレストポイントから1クラブレングスを測る、1クラブレングス以内にドロップするの方法があります。

ニヤレストポイントは、動かせない障害物を避けて、ホールに近づかずに、ハザードでもなくグリーンでもない場所で、ボールの位置にもっとも近い場所を決めるという事です。 1クラブレングスとは、クラブ1本分の長さのことであり、ニヤレストポイントから測る1クラブレングスはどのクラブを使っても良いので、一番長いドライバーでも構いません。

1クラブレングス以内とはニヤレストポイントから1クラブの長さを半径とする円の内部します。